悪徳競艇予想サイトの見分け方は?

悪徳競馬予想サイトの見分け方をご説明します。大切なお金を悪質な詐欺サイトに騙し取られないよう、この記事を是非参考にしてください。

悪徳競艇予想サイトには騙されない!悪徳競艇予想サイトの特徴を解析して自分自身を守るべき!
といっても、そもそも悪徳で悪質な競艇予想サイトなんてものが存在していなければいいのにな、って思いますよね。

こればかりはしょうがないですが、人気が高まるにつれて恐ろしい勢いでその数を増やしているのが予想サイトなんです。

詐欺はもちろん騙す方が悪いのは当然ですが、司法上は騙された方にも過失がある、ということになってしまうので、騙された方も油断してたんでしょ?ちゃんと調べなかったんでしょ?なんて言われがち。そう考えたらやっぱり自分の身は自分で守るしかないんですよね。

うまい話には裏がある、それを理解した上で競艇予想サイトを見分けていきましょう。

悪徳競艇予想サイトを見分けるにはどうすればいい?

悪徳競艇予想サイト 見分けるには

競艇予想サイトの中では優良サイトに紛れて悪徳競艇予想サイトが存在していることが事実です。
そのような悪徳競艇予想サイトの被害に合わない為に、ここでは悪徳予想サイトの見分け方を紹介します。是非参考にしてください。

特定商取引法に基づく表示がホームページ上にない

特定商取引法とはインターネットで通信販売を行ったり、オークションへの出品を行う人が必ず守らなけれならないルールです。
特定商取引法第11条『広告の表示義務』では、インターネット通販(情報販売)を行う場合、以下の事項を表示するように定められています。

・事業者の氏名または名称
・代表者氏名または責任者氏名
・事業者の住所
・事業者の電話番号
・販売価格
・代金の支払い方法
・代金以外に負担すべき内容および金銭
・返品(返金)特約に関する事項

もし、上記8点の項目の表示がなかったり、怠っていた場合は悪徳な競艇予想サイトかもしれません。
どの項目も商品(サービス)等の受ける時には必ず最低限必要がある情報なので、競艇予想サイトを隅々まで確認し、記載があるかどうか確認してください。

運営責任者の記載がない

特定商取引法によれば、販売者が法人の場合は、代表者又は業務責任者の氏名を表示する義務があります。
運営責任者の記載がない場合も悪徳競艇予想サイトの可能性が高まります。

架空の住所または記載がない

架空の住所または記載がない

インターネットで通信販売を行う際は必ず住所の記載が必要となります。

販売業者が法人で営業する場合には法人が登記されている所在地、販売業者が個人の場合は基本的に自宅の住所を記載しなければなりません。
住所の記載がない場合はあきらかに怪しいので、その競艇予想サイトの利用をおすすめしません。

また、今はGoogleマップ等に住所を入力してストリートビューで見ることによって、「どのような外観の会社か」「実際に存在しているか」などと確認することができます。
これも、悪徳競艇予想サイトを見分ける為の手となってきます。

Googleマップ(https://www.google.com/maps/?hl=ja)

振込先の名義が個人名義になっている

振込先の名義が個人名義

振込先の名義が個人の名義であった場合、何かしらの問題があり個人名義にしていると考えられます。

実際は、法人で営業を行っていても振込には個人名義を使用している会社があります。
理由としては以下の様な事が考えられます。

・実態の明らかではない会社の為、法人銀行の審査に通らず法人名義の銀行口座を持っていなかった。
・責任の所在は不明にするために、個人名義の口座を使用していた。

そもそも、法人名義で営業しているにもかかわらず、振込名義が個人名義になっているのはおかしな話です。
なので、振込先が個人名義の競艇予想サイトの利用はリスクがあるため利用することはおすすめできません。

電話をしても担当者が出ない

電話をしても担当者が出ない

競艇予想サイトの中では、レース当日に担当者と電話で話し、予想を受取るタイプの競艇予想サイトも存在します。
しかし、近年トラブルが多く発生しているのは、こちらの電話対応のシステムを取っている競艇予想サイトです。以下が参考の例がありましたので、ご紹介します。

Aさんはある競艇予想サイトへ情報料金を振込みました。
競艇予想サイトからは「当日にお電話にて情報を渡します。」と説明されていました。

言われた通り、Aさんはレース当日に競艇予想サイトへ電話を掛けました。
しかし、何度かけても電話は通じず不在になってしまいました。
やっと電話が通じ、競艇予想サイトの担当と話ができたのはレース終了後でした。

予想を受け取れなかったAさんは、お金を払い予想情報を受け取ることができませんでした。
しかし、競艇予想サイト側は返金に応じてくれなかったようです。

悪徳な競艇予想サイトの中には、レース当日に電話が繋がらない状態にします。
レース終了後にやっと電話が繋がったと思うと、「予想は的中していました。電話が通じなかったのはあなただけです。」等と理由をつけ言い逃れをしようとする競艇予想サイトがあります。

これは、予想の情報料金を支払っているのに、予想(商品)の情報を受けられないのは振り込め詐欺と同様に詐欺罪にあたります。
お金を支払ったのに電話に出てもらえない、情報をもらえないとなると意味が全くありません。

このように、非常に理不尽な現象が起きてしまいます。

絶対に的中すると断言している

悪徳な競艇予想サイトの中には「100%当たります。」「必ず当たります。」と断言する勧誘があります。
ホームページ等にそのような文言があった場合はほぼ悪徳競艇予想サイトであると考えられます。競艇はギャンブルなので「必ず当たる」ということは絶対にありません。

その予想が必ず当たるとすれば誰でもお金持ちになってしまいます。
もし、負け続きで競艇予想サイトにすがる勢いだとしても、「絶対に当たる」という文言に騙されてはいけません。

八百長のレースがあると勧誘する

「八百長が仕組まれているレースがある」「結果が決まっているレースがある」などと八百長を匂わす勧誘を行う業者もあります。
まともな競艇予想サイトではこの様な勧誘は絶対にないでしょう。

そもそも、競艇は公営ギャンブルです。八百長があれば国も黙ってはいないでしょう。
この様な勧誘を受けた場合は危ないサイトだということを認識して、利用を控えた方が良いと思います。

口コミサイトにサクラと思われる口コミがある

口コミサイトにサクラ

競艇予想サイトをまとめた口コミサイトがいくつかあります。
その中の口コミの内容が「あいまいな物」「具体性のない物」「利用した感想がないもの」などの口コミには注意してください。
この様な書き込みの多くはサクラ(業者)が自社の競艇予想の売上を伸ばす為の自作自演の書き込みと思われます。

的中実績の捏造

的中実績の捏造

ほとんどの競艇予想サイトでは的中実績を紹介しています。
その的中実績が本物であるかどうか多少調べることができます。

それは、ドメインの登録日を調べる事です。
ドメインの登録日が分かれば、その競艇予想サイトの運営が開始された日を想像することができます。もし、それ以前の的中実績が競艇予想サイトの中に掲載されていた場合は、的中実績の捏造を行っている可能性が高いです。

一つでも捏造をしているものを発見した場合は、その競艇予想サイトでは他の的中実績も捏造していると考えていいと思います。

ドメイン取得日はドメイン年齢(https://www.domainage.jp/)といWEBサイトで簡単に調べる事ができます。
例えば競艇予想サイト「競艇ダメダス」のURL「http://www.damedasu.net/」の「damedasu.net」の部分だけを入力し「ドメイン年齢を調べる」をクリックします。

するとドメイン取得日は「2002年9月18日」と検索され、ダメダスが「2002年9月18日」以降にリリースされたことの証拠です。

次に、掲載されている的中実績日と照らし合わせて矛盾がないか調べるだけです。
矛盾があった場合、そのサイトでは的中実績を捏造していると考えられます。

口コミサイトの評判が著しく悪く、低評価ばかり

悪徳な競艇予想サイトを見分けるには口コミサイトの評価やコメントを確認していく事が大切です。以下のような口コミがあった場合には注意することが必要です。

・電話に出ない
・サポートの対応が悪い
・数百万円の詐欺被害の報告
・必ず当たります!などと的中をほのめかす内容
・振込先が個人名義

上記のようなコメントが多くある場合は何かしら問題をかかえている競艇予想サイトと考えられます。

決済方法が銀行振り込みしかない

決済方法が銀行振り込みしかない

今の世の中、クレジットカード決済、コンビニ決済が当たり前となっています。
クレジットカードは使いたくないという人もいるので利用する、しないに関しては分かれてしまう部分ではあります。

しかし競艇予想サイトの中には「銀行振込」だけしか対応していないサイトが存在します。
なぜ、クレジットカードの決済が導入されていないかというと、クレジットカードの決済を導入するためには決済代行会社の審査が必ず行われます。

クレジットカード決済を導入していないという事は「審査が通らない」会社の可能性が高いです。
コンビニ払いに関してもクレジットカードと同様に審査があります。

審査が通らない会社の特徴として

・特定商取引法の表記がない
・ホームページ上に法律上良くない表現がある
・過去に問題を起こした会社
・運営が悪質と判断された

などがあげられます。
このようなリスクがあるため決済方法が豊富にある競艇予想サイトの利用をおすすめします。

まとめ

ボートレース 悪徳予想サイト 見分け方

以上、悪徳競艇予想サイトの見分け方についてまとめました。
悪徳な競艇予想サイトにはいくつか共通点があるため、その点をしっかりと理解し、悪徳競艇予想サイトを利用しない様、自分自身で守っていかなければなりません。
近年、増えていく悪徳競艇予想サイトが今後撲滅されることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です